バナー

正しいにきびの予防法

 思春期になると、にきびが出来やすく悩む方が多いです。

誰でも小さくて白いにきびが出来てしまったことがあるのではないでしょうか。
毛穴に皮脂が詰まり、炎症してしまうことで肌荒れします。
ホルモンバランスの乱れが原因の場合が多いです。

特に脂性肌のタイプに出来やすい傾向があります。

顔に出来てしまうので、早く治したいと思うものです。


メイクで隠したいと思う気持ちもありますが、にきびがある時はあまりファンデーションをしないようにしましょう。

毛穴に汚れが詰まることで、肌荒れが悪化してしまいます。



小さいにきびであれば、数日で治ることが多いのですが、悪化してしまうと大変です。



あまりひどい状態になれば、すぐにでも皮膚科へ行くことをお勧めします。ダニが増殖して、一つのにきびが悪化して額から頬まで広がることもあります。

NAVERまとめに関しての関心度が高まっています。

薬を飲めば良くなりますので、肌荒れしたら皮膚科へ行きましょう。

自宅で出来る予防法は、皮膚を清潔に保つことです。

朝と晩の2回は洗顔をしましょう。

肌荒れしている時には、低刺激の洗顔フォームで洗い、皮脂の汚れをしっかりと落とすことが大事です。

顔を指で触りすぎたりしないようにしましょう。気になって何度も鏡で見ていると、ストレスが溜まってしまいます。

精神状態も肌荒れには重要ですので、あまり気にしないようにしましょう。

適度に体を動かすことも肌荒れを治す為には大事なことです。
運動が苦手な方も、一日に15分位はウォーキングをしたりして体を動かしましょう。