バナー

腸内環境を良くしてにきび予防

肌は腸の鏡です。

腸が悪い人は、にきびなどの肌トラブルも抱えていることが多いのです。


ですから、にきびを予防して美しい肌を維持するためには、腸内環境を良くする必要があるのです。
人間の腸には、腸内細菌が存在しています。


腸内環境というのは、善玉菌と悪玉菌のバランスで決まります。

善玉菌の勢力が強くなると、悪玉菌が減り、悪玉菌の勢力が強くなると、善玉菌が減ります。



腸内環境を良くするためには、善玉菌を増やすことが大切なのです。

腸内環境が悪くなると、体に様々なトラブルが出てきます。

エキサイトニュースについて知るならこのサイトです。

便秘もその中のひとつです。


便秘になると、老廃物が体から出て行かない状態になります。

そして、便秘の期間が長くなると、有害物質が発生し、肌トラブルなどが起こるのです。



善玉菌は、ビタミンを作る役割も担っているので、腸内環境が悪くなると、ビタミン不足が起こります。
善玉菌が減ると、人間の新陳代謝にとって大切なビオチンまで減ってしまうのです。

その結果、新陳代謝がスムーズに行われなくなり、肌にも悪影響を及ぼすのです。

一方、悪玉菌は、活性酸素を発生させ、細胞を傷つけます。

善玉菌が増えれば、にきびなどの肌トラブルを予防するだけでなく、アンチエイジング効果も期待できます。

腸内環境を良くするための手軽な方法としては、ヨーグルトや乳酸菌飲料の利用があります。

最近では、各メーカーから乳酸菌サプリメントも出ています。
善玉菌を効率よく摂取したい人は、善玉菌がしっかりと腸まで届く商品を選ぶといいでしょう。