バナー

にきび予防には普段の洗顔がポイント

にきびには年齢を問わず多くの人が悩まされています。

その原因は肌に複合的な要因があり、できてしまう前に予防する事をお薦めします。

皮脂が多く分泌される思春期のにきびは年齢と共にホルモンの分泌が抑えられるので収まってきますが、成人のにきびの場合は肌の状態に注意が必要です。

不規則な生活によるストレスで交感神経と副交感神経がバランスを崩し、ホルモンを過剰に分泌している事が考えられます。

特に睡眠不足は肌の免疫機能を低下させ、毛穴に雑菌が入ると炎症を起こしやすくなります。

清潔にする事はもちろんですが、洗顔フォームの使い過ぎによって顔の皮脂を洗いすぎてしまうと、逆に多量の皮脂が分泌される事になり悪循環に陥る事も。

また、メイク落としにオイルクレンジングを使用している方も同様に油分過剰になるため、別のクレンジングを使う方が良いでしょう。朝と夜の2回が洗顔に良いタイミングですが、朝は洗顔料を使わずにぬるま湯で優しく洗うだけにしてください。



顔は体の中でももっとも乾燥にさらされる部分であり、外出する前に皮脂を落としてしまうと抵抗力が落ちてしまいます。

特に敏感肌の方には刺激を与えない事が大事です。

iemoの情報はココで集まります。

洗顔フォームを使った洗い方ですが、両手でごしごしと擦るのではなく十分に泡立てた泡だけを顔に付けて撫でる程度の強さで十分です。
手の平が直接肌の表面を擦らないようにしましょう。にきびは体質の改善と肌のケアで予防することができます。

悩まされる前に普段の洗顔から予防を心がけてみてください。